500円玉貯金『10万円貯まる本』ブックスタイルでモチベーションアップ!

生活用品

どこの家庭でも貯金箱ってあるものです。

様々な貯金箱があり、自分で買った物や頂いた物。皆様はどんなものを持っていますか?

持ってはいるけど使ったのは初めだけで、ただの置物と化していませんでしょうか。

私もそうです。小さい頃から貯金箱は身近にあります。しかし、いつしか使わなくなるものですよね。

そんな私がコレなら続くかも!って思えた貯金箱ならぬブックスタイルの『10万円貯まる本』をご紹介。

スポンサーリンク

10万円貯まる本

まず、私が選んだ10万円貯まる本をご覧ください。

ただただ、貯金箱にお金を入れて行くだけでは長続きしませんでした。そんな折、本屋さんで見つけたコレ。貯金箱になにかしらの特典があれば続くのでは!?と思い始めて見たんです。

厚みがありしっかりした作りです。

500円玉を集めて行くタイプの物。

 

「500円硬貨で全身健康旅行をすると10万円貯まる」というテーマで、各ページに雑学ならぬプチ健康情報が記載されています。

お金を入れるときに目に入る健康情報ってのがミソ。

なんとなく、目に入り読みやすい短い文で読みやすく自然と貯金箱を手に取る機会が増えるんです。これが貯金箱を身近に意識する事が出来て長続きしています。

1ページで1万円になるので分かりやすいのもグッド。

スポンサーリンク

貯金箱に貯金する意味

生活を切り詰めてする本気モードの貯金は万単位で定期を組んだり計画的に行ったりとするものです。

それに比べ

貯金箱とは生活を圧迫せずにいつの間にか貯まっていると「得した気分になる」物では無いでしょうか。

例えば

タバコを止めたから毎月、1万円浮く。

スマホ代を見直したから毎月、5千円浮く。

自転車の利用を増やしてガソリン代を節約した。

自炊にした。

などの様に定期的にかかる費用を抑えた事により実際にお金はかからなくなります。しかし、不思議な物でそのお金がお財布に残るかと言えばそうでもないですよね。

あればある分使うのが人間です。この様なお金を貯金箱に突っ込んでいくのです。

節約により出た効果をより実感できるように。

大切なのは意気込み過ぎない事。自分のやれる範囲で続ける事です。それでいて具体的な目標をたてる。

500円玉貯金の場合なら、買い物の際におつりで500円玉を貰えるような支払いをするとか。

スポンサーリンク

モチベーションが大切

とにかく続ける事がなにより大切で、どんなものなら続くのか考えましょう。

10万円貯まる本には色々なバリエーションがあります。

 

ディズニーバージョン

 

知恵袋バージョン(雑学)

 

節約術

 

美容

 

自分の興味がわくものを選んだ方が、モチベーションを維持しやすいです。

上手に貯金できれば無駄使いを大幅に抑える事が出来るのですから。

おもしろい貯金箱

10万円貯まる本と言うブックスタイルの貯金を紹介して参りましたが、その他にもユニークな貯金箱が沢山あります。

お土産、プレゼントとしても選びやすいので参考にしてみて下さい。

定番の品、100均でも取り扱いあり。缶切りで開封するまで中身が確認できな頑固たる決意の貯金箱。

 

賽銭箱(さいせんばこ)。お金を投げ入れるのに抵抗が無いので直感的に貯金しやすいかもしれません。

 

本気だぜ!札で貯金します!鍵付きで雰囲気も満点。

 

ATM式貯金箱。お金といえばATM!贈り物でも面白い貯金箱。

最後に

貯金箱に貯まったお金はご褒美です。

旅行に行くもヨシ。贅沢するもヨシ。趣味につぎ込むもヨシ。

貯金の達成度によってご褒美も上等な物へと変わっていきます。

継続は力なり。継続する為にはモチベーションの維持が最優先事項です。

札か500円か小銭か。貯金箱の形状は。自分で達成できるルール(甘やかしすぎず)はどうするか。

必ず自分に合うスタイルが存在するので、探してみましょう。

無駄使いしたすべてのお金は元々は自分のお金です。無駄使いを控え現金化する事で、自身にとってより有効的なお金の使い方に変えれるはず。

身の回りを一度確認してみてもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました