芝生の管理。一般人はこのくらいで丁度いい。完璧を求め過ぎてはいけない。

雑記

自宅の芝生を管理して10年になりました。

芝生の手入れは切りがない。どこまでやればいいのか?いつになったら綺麗になるのか?と思っていないでしょうか。

夢のマイホーム、新築一軒家を購入し庭の芝生に憧れて敷いてみたはいいけど理想と違うと感じているなら、それは完璧を求め過ぎています。理想と違う現実にやる気をなくし、雑草まみれの草むらにしてしまっては勿体ない。

このくらいでいいという自分なりの設定を設ければ芝生の管理がだいぶ楽になる事でしょう。

スポンサーリンク

理想と現実

庭のここを芝生にしよう!と意気込むみんなが美しいグリーンを想像している事でしょう。

そういう時期に想像する芝生はゴルフ場のグリーンやサッカースタジアムの様な完璧な物。

調べてみても、きちんと管理された自慢の芝生ばかりがヒットし妄想ばかりが膨らみ疑う余地はありませんでした。いや、綺麗な物ばかりを選んで見ていただけかもしれません。

実際に芝生を敷き、始めの一年目はチマチマと雑草を抜いていました。専用の物もいくつか持っています。

例えばこれ。

ピンポイントで雑草をひとつひとつ抜ける道具。

しかし、現実は甘くありませんでした。芝が良く育つのは直射日光がガンガン当たる場所。抜いても抜いても1週間後には新しい雑草がそこら中に生えています。

日陰になりがちな場所は密度が低く、コケも生えます。

スポンサーリンク

芝の手入れに費やす時間

日中は仕事があるので、手入れできるのは主に休日。春先には目土を入れ不陸を整えたり、線上に芝を剥がしリフレッシュを試みたりと。

芝生開始2~3年くらいは諦めずに雑草とも戦いました。芝刈りを先にしてしまえば雑草が抜けないので、先に雑草を抜いて歩く。その後芝刈りと…結構時間がかかるんです。

更に当時は、短く刈るのが美しいと思い込んでいた事もあり、ほんのわずかな雑草も目立ちます。趣味はなんですか?と聞かれれば「芝刈りです」と答える勢い。

しかし、この頃には維持にかかる手間が見合わないと感じ始めていました。

極めつけは、そこまで手間をかけても自分の庭の芝はそこまで美しくないという現実。

スポンサーリンク

行きついた妥協点

そんな中、仕事がとても忙しい年があり芝の手入れがままならない。せめて芝刈りだけでも…と。これが転機。

芝刈りだけで十分。

雑草?そんなもの芝もろとも刈ればいいんです。芝を刈る長さも長めに変更。そんな状態で10年目を迎えた我が家の芝生がこちらです。(2020年9月)

決して自慢できるものではございませんが、十分ではないですか?みんな忙しいですよね?仕事もあるし。

大事な事なのでもう一度言います。雑草もろとも刈るんです。雑草も芝の一部。

芝刈りだけしていれば、これくらいは維持できます。

芝刈りの頻度は、梅雨前は2週間に一回。梅雨明け~初秋まで1週間に一回。秋~枯れるまで2週間に一回。特に夏場はすごい勢いで伸びるので週1は必要です。

広さによりますが、成長期の芝にかかる時間が週30分程度で済むようになりました。

芝刈り自体、嫌いな作業ではないです。バリカンで坊主にする爽快感と近いものを感じます。

必要な道具

初期の頃、熱くなっていたので手入れに必要な物をいろいろ持っていますが、妥協してからはこれらしか使わなくなりました。

一番必要な物、芝刈り機。初期から使っていますので使用感が否めませんが現役バリバリです。ホームセンターで一番安く変えるやつ。安いやつで十分です。

コツは長めにカットできるよう設定する事。5cmくらいがおすすめ。

手押しなので押すとガラガラと音がしますが、高いものを買ったからと言って音がしなくなることはありません。住宅街の場合、深夜の芝刈りは控えましょう。

よほど広い場合は電動式のもなどを検討してください。

 

芝刈り機と同じ頻度で必要な物。芝ハサミ。

こちらも使用感が否めませんが、ホームセンターで買える一番安いやつです。安いものでry。

芝刈り機が届かない際(きわ)の部分を効率よくカットできる便利なハサミ。握りが縦向きになっており繰り返し握っても疲れにくくなっています。

これをやるかやらないかで、仕上がりの美しさが全然違います。

これは電動の物があればコードを引っ張りまわす手間はありますが作業が大幅に楽になるでしょう。ハサミの場合、処理の距離が長ければやはり疲れます。私は手動派。

一年に一度だけ必要な事

成長期に入ったら芝刈りのみですが、一年に一度だけ春先に芝用除草剤と肥料を撒きます。

春になり、芝が緑色へと変わり始める時期(青森では5月)に芝より先に雑草が目立ち始めます。特にクローバーやたんぽぽ。この頃一度、芝用の除草剤を撒いています。

成分にいろいろあるんでしょうが、芝用であればホームセンターで買える一番安いry。

これが意外と効きます。本当に。芝以外の雑草が全滅するわけではありませんが、明らかに減りますよ。雑草を手でムシっていたのがバカバカしくなるくらい。

使わないと次の雑草が瞬く間に生えますが、持続性も確かに感じます。

液体の物と固形のものがありますが、固形の物をお勧めします。

液体タイプは即効性はありますが、持続性が全然ありません。ワンシーズンに数回使用しないといけないのに対し、固形タイプは春先に一回の使用で大丈夫。即効性は無くジワジワと確実に仕事をします。秋頃になって雑草が目立ち始めても、もうすぐシーズン終わりで再度撒くほどではありません。次撒くのは来シーズンの春先で大丈夫です。

犬などの動物を芝生で遊ばせる場合、使う除草剤は安全性の証明されている物をお選びください。

もう一つ、芝が本格的に成長を始める頃(青森では6月)芝生用の肥料を撒きましょう。

これも安いのでOK。撒くことに意味があります。

芝は耕せないので、畑と違い土の改善が出来ません。その為に土は年々痩せて行き芝に必要な栄養素が不足し上手く育ちません。手間をかければ部分的に剥がし…とか穴をあけてとかありますが、ここは妥協案の記事。

花咲じいさんの如く豪快に肥料を撒きます。

必須ではありませんが、春先に根切をしておけばそのシーズン芝の成長が期待できます。

足をかけ体重を乗せて刃の部分を差し込み、ブチブチと根を切る事により刺激を与えます。土に新鮮な空気を送り込む効果もあり地中の状況を改善できます。20cm~30cm間隔で細かくやるのがコツ。地味に疲れます。

あればやった方がいいよ程度で、ここは妥協案の記事。無理しなくても大丈夫です。

芝の品種

選ぶ品種も大切なポイントです。

一般的に手に入る品種は

  • 野芝
  • 高麗芝
  • 姫高麗芝(青森では普通に売っていません)
  • 西洋芝

です。これまで説明してきた様な雑草も芝の一部とみなす管理の場合、野芝が特にお勧めです。

葉が大きいのが特徴で高麗芝などより雑草が目立ちにくいんです。こちらの記事で紹介している画像は野芝の物となります(※野芝の中に一部、高麗芝も混入していますがほぼ野芝)

冒頭で触れましたが、美しい芝をと始めるほとんどの場合、高麗芝or姫高麗芝で始めるかと思います。維持が難しく、この記事にたどり着いた方には手遅れな「野芝」…。しかし、高麗芝でも雑草もろとも刈ってください。それくらいの管理が丁度いいんですという事です。

芝は少し離れて見て満足する物

隣の芝は青く見える…ってよくわかりますよね。自分の芝も少し離れた所から見て満足しましょう。

自宅の庭の管理人なので、間近で見る機会が多く雑草に不満を抱くのは分かります。

わが家の芝も近くで見れば草むらです。

しかし、一歩…いや20歩くらい引いてみてみましょう。そうして、そこから評価をしてみましょう。芝はそれくらいで丁度いいんです。

ここ数年、不陸の修正もしていません。芝刈り機を走らせると段差でガタガタなります。しかしどうでしょう、刈り終わった芝を見るとそれなりに揃うんです。

最後に

完璧を求め、手間を惜しまない場合はこの限りではございませんが、一般人が芝を楽しむには妥協も必要です。草刈り感覚で芝刈りを。たったそれだけで、十分に芝は楽しめます。

放置し、背丈の高い(くるぶし位まで)草むらと化した場合、夏場だと虫が集まります。それを狙って更に大型の虫がくる。それでは気持ちが悪いものです。芝刈りさえ怠らなければそれだけでいい。更に芝は刈れば刈る程に密度があがり雑草が生えにくくなります。

長く伸びてから切ると軸刈りとなり、芝自体にダメージを与えかねません。

芝の管理はとにかく芝刈り。それに尽きます。むしろそれさえしていれば他になにもしなくても一定の品質は保てるという事です。

「このくらいで丁度いい」とする事で芝の管理が劇的に楽になります。それでも我が家では芝の上でバーベキューをしたり子供たちを遊んだりと芝を十分に楽しめています。

もし、管理に疲れて行き詰まっているなら少し肩の力を抜き、いい意味で適当になるものいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました