単管パイプで作る自転車小屋 DIY

DIY

2020年春先。娘の進学に伴い自転車の使用頻度が増して参りました。

中学生へと成長した長女は毎日通学で自転車を使う事となります。これまではホームセンターで売られているサイクルハウス(2万円くらいのやつ)で十分でしたが、これも古くなりそれなら新築してしまおうか!と自転車3台分を想定してDIYを決意。

スポンサーリンク

設計図

まず、これを見てください。

手書きの設計図です(笑)。消し込まれているのは、ボールペンを持ちこれを握りしめホームセンターへ行って消し込みながら購入した痕跡です!

自宅敷地内の建設予定地の大きさ(面積)を確認し入念に計画を立てます。

事前に資材を購入予定の大型ホームセンターへ行き、どのような資材がどのくらいの長さで買えるのかとか、ジョイント部はどういう物が買えるのかとかいろいろ下調べしています。今回必要な資材は全てこの最寄りの大型ホームセンターで調達しました。

スポンサーリンク

簡易基礎の施工

建設に先立ち、基礎を作ります。

建造物の要。基礎が弱いと上屋がどんなに立派でも傾きや最悪倒壊まであり得ますので丈夫な物を作れるに越したことはありませんが、所詮は自転車小屋。簡易的な物で済ませます。

完成までの作業でこの基礎作り(穴掘り)が一番ハードでした…。

家を購入時、地盤が弱いため地盤改良をした土地にベタ基礎で建てています。この地盤改良が固いのなんの…。スコップなんかでは全然掘れません!小屋をあさりつるはしなんかまで登場してなんとか予定の深さまで掘ります。言っても深さ20cm程度ですが!そこにコンクリートブロックを埋めて基礎としていきます。

ブロックを設置し、桟木を渡して高さのレベルを揃えて設置。3つある穴の真ん中には単管の柱が立ちます。両脇の2つへD10の鉄筋棒長さ1mを打ち込みます。調整が終わり最後にこの穴は全てモルタルを充填して固める予定。

スポンサーリンク

資材の調達

基礎の準備が終わったので、仕事の休日を利用して資材の調達と建て方をして行きます。予定日数は1日!娘が通学に使う新車の自転車も買ってしまったし早く建てないといけません!

という訳で、休日にホームセンター開店と資材の調達に手書きの設計図を握りしめ行きました。

ホームセンターの軽トラックをレンタルして運んだり返したりで2時間くらい消費。夕暮れまでに建てれるか?

建て方

すいません、必死で建てていて過程の画像がありません。かみさんに柱を支えてもらったり、長物の端部を押さえてもらったり、釘やビスを手渡ししてもらったりと手伝ってもらいながら枠組みの完成。

こういった四角い建物を作る場合、対角寸法を測りながらやると素人でも比較的精度よく進めれます。90度が4角の四角形(正方形・長方形)は対角寸法が同じになりますよね。その時測る対角の寸法が同じようにすると正確に90度が出ているという事になるんです。水平器も併用するといいです。

予算と時間に余裕がある方はここで塗装をすると見栄えが大分よくなると思います。

DIYに欠かせないインパクトドライバー。あると作業性が格段に上がりますよ。最後に概算の金額をお見せしますが、インパクトドライバーは既に持っているので今回の料金には含まれません。

屋根貼り

単管パイプによる骨組みと屋根の下地となる垂木を取り付けたら屋根を貼ります。

ポリカ波板ブロンズ色としています。

ここら辺まで来ると建物の歪みは調整が終わっているので基礎のコンクリートブロックの穴にモルタルを充填して完全に固めています。

必要に応じて壁貼り

屋根があれば最低限の自転車小屋となりますが、必要に応じて横から入る雨対策で壁を貼ると更に自転車を保護できます。

 

今回の場合はこの程度で様子見。奥側にも貼る予定です。

基礎周りをモルタルで補強して、乾いたら埋め戻します。

とりあえず、これで日が暮れて作業終了。体力も限界でした(笑)

※乾燥し埋め戻しが完了した様子がこちらです。

費用

ここまでおおよそ5~6万円の予算です。(途中出てきたインパクトドライバーは含まず)

使用した資材は

・基礎用コンクリートブロック(D10鉄筋棒)

・単管パイプ

・単管クランプ(直行と自在)

・屋根壁用の垂木

・垂木固定用クランプ

・ポリカ波板(固定用の釘、ビス)

・インスタントモルタル

同じ様な物を建設予定の方がいれば参考になると思います。

その後、床面の整地(コンクリートパネル敷き詰め)や奥側の壁を貼りました。

続編はこちらからご覧ください。

単管パイプで作る自転車小屋 DIY 続編
単管パイプで作る自転車小屋DIYの続編です。 基礎~上屋までの様...

コメント

タイトルとURLをコピーしました